ロボットに適用できる人工知能(AI)の中で、主に、ディープラーニング(深層学習)の事例を紹介します。

1.画像認識

>>ディープラーニングを使ったラジコンカーの自動運転(ドンキーカー)はこちら

>>ディープラーニング(CNN)による画像分類はこちら

>>ディープラーニングによる画像分類(VGG16の転移学習)はこちら

>>畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の中間層の出力を可視化はこちら

>>畳み込みニューラルネットワーク(CNN)のフィルタの可視化はこちら

>>畳み込みニューラルネットワーク(CNN)のヒートマップはこちら

2.物体検出

>>ディープラーニングの物体検出(YOLO)
カメラ映像からリアルタイムに人を検出する。その検出結果を用いて、ロボットの視線が人を追う。

>>ディープラーニングの物体検出(SSD)
カメラ映像からリアルタイムに物体を検出する。SSDを学習してみる。