質問1 二足歩行ロボットは初めてですが、簡単に扱えるでしょうか?
安定した高速歩行プログラムが運動制御コントローラのファームウェアとして書き込まれており、小型・中型・大型(等身大)ヒューマノイドロボットに関わらず、購入後すぐに動かせます。ロボットのメインテナンスに関しては、購入者を対象にロボットの組立講習会(大阪市)を開催しています。
質問2 ロボットが故障した場合でも修理や部品交換に対応してもらえますか?
ロボットの修理のほか、定期的なメインテナンス、交換部品の製造・販売も1個から行っています。
質問3 ロボットの見学はできますか?
現在開発中の身長4メートルの巨大ロボット、格闘用ヒューマノイドロボット、ロボットの世界的なサッカー競技大会「ロボカップ」で優勝した自律制御ロボット、世界最大級の身長2メートル超のヒューマノイドの見学が可能です。(事前予約制)
質問4 ヒューマノイド型(人型)でないロボットは開発できますか??
動物型ロボット(四足歩行ロボット)、車輪移動型ロボット、変形するロボット(トランスフォーマー)などの開発が可能です。
質問5 最大でどのくらいの大きさのロボットが製作できますか?
現在は、世界最大級である身長4メートルのヒューマノイドロボットを開発中です。弊社と連携しているプロフェッショナル製造業集団「NKK(西淀川経営改善研究会)」の工場ではまだ余裕がありますので大きさが最大10~20メートル級のロボットも製作可能です。
質問6 はじめロボットでなく、自社ブランド名での設計・製造(OEM)は可能ですか?
弊社ではロボットをOEMとして出荷した実績もございます。お問合わせください。
質問7 ロボットの外装デザインは可能ですか?
弊社では主にロボットの骨組(フレーム)をメインに製作していますが、過去にもプロのデザイナーと提携して開発した実績もございます。お問合わせください。
質問8 ロボットの実演・講演を依頼する場合、いつごろ依頼したらよいですか?
スケジュール確保やロボット準備の都合上、遅くとも開催日の2ヶ月前までに契約が完了するよう早めにご連絡ください。