ロボットプロジェクトの概要

巨大ヒューマノイドロボット(ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」のモビルスーツ)の開発を目標にして2010年に身長4メートルのロボットプロジェクトをスタートしました。現実の世界では、人間のように二本の足で歩く巨大なロボットの開発は、世界でも例がなく非常にチャレンジングな目標です。ロボットの胴体下部のハッチを開き、コックピットに搭乗します。頭部カメラの映像を表示したディスプレイを見ながら、ジョイスティックとマスタースレーブ(人形を操るとロボットも同じ動きをするもの)で操縦します。
我々のプロジェクトに対してスポンサー・協力者を募集しています。

本プロジェクトの最新の状況はYouTube動画facebook “4M ROBOT”で発信しています。

開発状況

はじめ研究所は、2002年に小型二足歩行ロボット(1号機)の開発を始めました。2007年には身長1メートルのヒューマノイド(25号機)、2009年には世界最大級の身長2メートル10センチメートルのヒューマノイド(33号機)が完成しました。
現在の目標は、身長4mのコックピット内蔵型ヒューマノイドロボット(43号機)(ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」ではJr.モビルスーツともいう)です。その次は身長8m。最終的には身長18mのガンダムサイズ(モビルスーツ)を目標としています。
以下に4mロボットの開発状況を画像でご紹介します。

動画