ロボットの実演(デモンストレーション)や、ヒューマノイドロボット(人型ロボット、二足歩行ロボット)の技術に関する講義の申し込みを受け付けています。世界最大級の身長2メートル超のヒューマノイド、ロボットの世界的なサッカー競技大会「ロボカップ」で優勝した自律制御ロボット、格闘用ヒューマノイドロボットの実演ができます。現在開発中の身長4メートルの巨大ロボットの実演も準備中です。
>>ロボットの実演・講演の実績はこちら

ロボットの実演(デモンストレーション)

科学イベントやものづくり事業の一環として、小学校・中学校・高校・大学などでヒューマノイドロボット(人型ロボット、二足歩行ロボット)の実演を行います。ロボットの材料や動力源などの技術をわかりやすく説明した後、片足立ちや、人間のようになめらかな動きで太極拳ができるロボット、ロボット自身がボールを探してキックするいわゆる自律制御のサッカーロボットの実演を行います。正拳突きや浴びせ蹴りなどのワザを繰り広げるロボット同士の対戦や、子どもたちのロボット操縦体験もできます。身長2メートルの大型ロボットも運搬可能です。日本各地へ遠征いたします。これまでに北海道(道東)から九州(南九州)までロボットを輸送し実演した実績があります。

 標準金額:1日20万円~+ロボット運搬費(約10万円~)+旅費交通費。
※学校の場合はご相談に応じます。
スケジュール確保やロボット準備の都合上、ご予約は2ヶ月前までにお願いします。
実演内容や会場の準備に必要なものなど不明な点がございましたら遠慮なくご相談ください。

ロボットの講演・講義

ロボットの講演ロボットの講演高校・大学でヒューマノイドロボットを設計・製作する上で必要な機械・電気・ソフトウェア・制御の技術や、ヒューマノイドロボットの夢についての講演や講義を行います。これまで、産業技術短期大学、上智大学、関西学院大学、千葉工業大学、立命館大学のほか、多数の工業高校等で講義を実施しています。
2011年3月に関西学院大学大学院で博士号を取得しました。